スポンサードリンク

2011年01月12日

FXで「スワップ狙い」

FXでは、注文と決済のタイミングを自分で決めることができ、ポジションの所持期間に特に制約がありません。
これは裏を返せば、「長期間のポジションを所持することができる」と言うことができます。

FXの魅力には「スワップを受け取れる」ということがあります。
スワップとは、「FXで最も多い「スイングトレード」」の記事でも紹介しましたが、トレードしている通貨の金利差のことです。
毎日、金利差分のお金を支払う、または受け取ることになります。

このスワップですが、リーマンショック以前の各国の通貨金利が高かった頃には、これを受け取ることを目的として、長期間ポジションを保有して大きな利益を出している人もいました。
もちろん、為替差益を狙って積極的に利益を確定していく方法ではなく、飽くまで金利差であるので「大きな利益が得られる」とは言えません。

ただし、定期預金の金利などに比べると、はるかに高い利率です。

「1日に受け取れるスワップが50円」の場合には、ポジションを1年間持ち続けると、受け取ることができる金額は以下の計算になります。

50 円×365 日=18,250 円

しかし、このスワップを狙ったトレード法で、気をつけなければいけないのは、最初に持った「買い」ポジションのレートよりも円高になったときです。
たとえば、1ドル=80円で買ったにもかかわらず、1 年後に1 ドル=60 円まで円高が進んだ、という場合には、為替差損が大きくなり、スワップ金利を超える損失が出ています。
また、ロスカットにならないように、レバレッジを2 倍までしか、かけないようにしておくことも大切です。

タグ:スワップ
posted by eS at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。