スポンサードリンク

2011年01月14日

FXで勝つためのレバレッジ

FXには、以前に解説したように「レバレッジをきかせれば、大きな金額の取引ができる」という仕組みがあります。
このことからFXでは少額の投資資金を用意することでトレードができるのです。

しかしながら、この仕組みがあるからといって、それを使わなければいけないということはありません。

特に、初心者の間は「資金力がない分、損失への備えもできない」という点に注意が必要です。
レバレッジを高くしてトレードを行うと、損失を出した場合、それを補填する力がなければ、FXを続けられなくなります。

レバレッジは1 倍にすることが、最もリスクを抑えるトレードとなります。
しかし、この場合、レバレッジを使わないことからFX取引の醍醐味を味わえない、というのも事実です。

リスクに耐えられるようにするには、およそ3倍程度のレバレッジにしておくとよい、と一般的に言われています。

証拠金が50 万円あれば、「ドル/円」「円/ドル」のペアで、1 万通貨の取引が出来ます。
レバレッジを3倍にしておくと、相場変動20%ぐらいまでは耐えられ、マージンコール、ロスカットの心配がなくて安心です。

さらに為替の変動が激しい通貨の場合には、20%以上になる場合には、レバレッジを2 倍にするくらいが、ちょうど良いと思います。

レバレッジ規制が行われるようになり、50倍などのレバレッジを使える業者はなくなっていくでしょうけれど、初心者の間は5倍を超えるレバレッジには手を出さないようにしましょう。


ただし、、、


高いレバレッジでトレードができるFX会社を使うことは重要です。

入り口は小さなレバレッジでトレードを始めても、為替変動で結果的にレバレッジが高くなることがあるからです。
為替変動の結果、レバレッジ以上のトレードになるとロスカットが生じます。
このように安易にロスカットが生じないようにするために、レバレッジに余裕のあるFX会社を選ぶことが重要なのです。

国内のFX会社であると、レバレッジ規制によって現在では50倍までのレバレッジしか使うことができません。
このレバレッジ、さらには2011年の8月ぐらいに25倍になります。

このレバレッジ規制を受けない方法には、海外のFX会社を使うのと、法人化して日本のFX会社を使うということが挙げられます。

こちらの海外FX会社、FXCM UKでは200倍のレバレッジを使うことができます。

FXCM 口座開設

こちらの海外FX会社、FXIMでは500倍のレバレッジを使うことができます。

FXIM 口座開設

タグ:レバレッジ
posted by eS at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | FX哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。