スポンサードリンク

2011年01月30日

FXの「指値注文」とは

先週は、S&Pが日本のソブリン格付けを格下げたりといったサプライズがあったり、、、と、いろいろ為替マーケットにドラマがありましたね。
日本のソブリン格付けが格下げられたことから、円は一時的に売られたけれど、すぐに買い戻され、最終的には売られる元の水準に戻して今週のマーケットを閉じました。
少し、先の読みにくい展開のように思います。


さて、今日のFX初心者講座に入りたいと思います。
今回は、FXの注文方法の内、「指し値注文」についてです。
FXに長期的に取り組んでいくのであれば、指値注文は必ず活用したいものです。

指値注文は、リミットーオーダーとよばれます。
指値注文とは、自分が買おう(売ろう)としている値で、前もって注文を出しておく方法です。

こうすることで「自分の買いたい値で買える」ということを実現できます。
リアルタイムで注文を出せない場合においても、事前に指値注文を出しておけば、マーケットでその値が付いた際に自動的で注文を処理してくれるので便利な注文方法といえます。

また、指値注文をすることにより「利益確定」を確実にします。
手動での利益確定を行う場合もあるのですが、この場合、「もう少し利益が出るのを待とう」という心理状態によく陥ります。
そうしますと、結果的に利益を取りこぼしてしまう、というケースが多くなります。
こうならないためには、指値注文によって、自分の狙っている利益額が得られることになった時点で、強制的に利益確定するのが良い方法であると思います。

FXには、指値、逆指値などの自動売買機能がありますし、自動売買機能で一度注文をしても、あとで何回でも修正をすることも可能です。
そのため、24時間相場に挑むという無理な生活から解放されるようになります。

FX以外に、サラリーマンなどの本業がある人は、自動での利益確定・損切りの機能を活用して、気持ちを切り替え、本業に集中することが大事です。
メリハリをつけてFXに取り組むことで、結果的には長くFXに取り組むことができ、利益を上げることにも繋がっていきます。

posted by eS at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 注文方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。