スポンサードリンク

2011年02月06日

FXの様々な注文方法

今週はドル円、大きなドラマを見せてくれました。
雇用統計の結果で、非農業部門雇用者数が予想より大幅に悪かったことから、ドル円は一時的にドル売りに向かったのですが、その直後に前月発表分の数値の修正や失業率の大幅改善でドルが買い戻されました。

ボクは、ちょっと予想外の動きでついて行けなかったのですが、うまくトレードができていたのであれば大きな利益を出すことが出来ていたと思います。

うまくトレードができていたのであれば…

もし、今回紹介する注文方法を活用出来ていれば、感情に頼らずに自動的に注文が処理されているので、、、ということです^^


さてさて、それでは今回の記事に入ります。
FXには、これまで紹介してきた基本の「成行、指値、逆指値」の注文方法以外にも、様々な方法があります。
これらを活用できれていれば、今週末の動乱のような場面では、あらかじめ注文を入れておくだけで利益を出すことができます。

まずIFD注文です。
IFDと書いて「イフダン」と読みます。
『IF=もしも、もしかしたら』『D=done=実行する』という意味です。

たとえばIFD注文を使えば、「米ドル円が82 円になったら1 万通貨を買いで注文する」「その注文が通ったら次に、そのポジションを83 円になったときに決済する」というように、自分の決めた投資ルールにしたがって、事前に注文を出しておくことができるのです。


次にOCO注文です。
OCO注文は『One Cancel the Other』の略です。2つの注文のうち片方が通ったら、もう一方はキャンセルする、という意味の言葉です。

たとえば「米ドルのレートが80 円になったら買いポジションをとる。」「米ドルのレートが90 円になったら売りポジションをとる。」という2つの注文を出しておきます。
米ドルのレートが、80円〜90円の間で動いているならば、一方の注文が成立する瞬間がやってきます。
そうすると、もう一方の注文はキャンセルされます。

ちなみに、IFD注文、OCO注文を組み合せたIFO注文という方法もあります。


これらは、はじめから無理に活用する必要はありませんが、FXに長く取り組んでいると「こういう方法があればいいな」という思いが出てきます。
そのときに、探せば自分の投資ルールに合う注文方法が見つかることが多いので探してみてください。

posted by eS at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 注文方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。