スポンサードリンク

2011年02月13日

FXで「両建て」は有効?

FXで「両建て」とは、同じ通貨ペアの「買い」と「売り」の両方のポジションを同時に取っている状態のことをいいます。

同じ量の「売り」と「買い」のポジションがあれば、片方の利益が出て、また片方では同じ量の損失が出るのですが、しかし両ポジションの利益と損失は相殺し合うことになります。
結果、「両建て」を行うと、トータル的には利益も損失もなく、「買い」と「売り」のポジションをそのまま持っておくことが出来るということになります。
いわば、損益決定の先延ばし、ということができるでしょう。

ちなみに、「両建て」ができるかどうかは、FX会社によってそれぞれです。
口座開設をする際に調べて確認をしておきましょう。

なお、「両建て」には、投資家の間でも賛否両論があります。

長時間、FXの取引画面に向かい合っていられない人は、リスク回避の方法をなるべく使いたいですから、両建てを取り入れるのも一案です。
ただし、両建てを考えるということは「自分の投資手法に自信がない」「自分の投資のスタート時点が間違っているかもしれない、と思いながら投資を続ける」ということでもあります。

その事実を受け入れながら、投資を続けていくのか?
自信を持って一からポジションを持つのか?

それは投資家の性格・好みなどによっても違いますので、よく考えましょう。
先輩投資家の意見を参考にすることも大事ですが、両建てについても「理解できないうちはしない」という姿勢が大事です。

ただし、先ほど、両建てを行うと損益はプラスマイナスゼロである、書きましたが、買いポジションと売りポジションのそれぞれのスワップの差から、必ず微量のマイナスとなります。
現在は、スワップは微々たるものですが、しかし長期に両建てを行う場合には、これには気をつけましょう。

posted by eS at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | FX哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。