スポンサードリンク

2011年04月23日

FX会社の「信託保全」とは

FX会社を選ぶ際によく見かける言葉があります。
「信託保全」という言葉です。
普段見かけない言葉で戸惑われる方も多いと思います。

ボクも最初、初めての言葉だったので戸惑いました(汗)

FX会社による「信託保全」とは、簡単に言えば「FX会社の資産と、投資家から預かった証拠金を別に管理する仕組みのことです。
こうすることによって、例えトレードを行っているFX会社が経営破綻をしても、投資家の預け入れた証拠金は戻ってきます。

投資信託を購入された経験がある方なら、信託保全という言葉は既に、ご存知だったかもしれません。
これと同じように、信託保全をきちんと行ってるFX会社は安心して利用ができます。

ただし、証拠金は返ってくるとしても、「経営破綻をした」という場合には、一時的にFX取引ができなくなることなので気をつけなければなりません。
せっかくの爆益チャンスを棒に振るかもしれませんよね?

この惨劇を回避するためには、一社だけではなく複数のFX会社と取引をしておき、一社が経営破綻をしても、他社を利用してFXを続けられるように、日ごろから気をつけておく必要があります。

信託保全には手数料がかかる場合がありますが、信託保全手数料だけではなく、他のことに関しても手数料をとることで、FX 取引を円滑に行い、サポート体制を整えている業者もあります。

手数料が無料の場合、スプレッドを大きくしているFX 業者もあります。
手数料が安く、規模の小さなFX会社の中には、相場情報の充実という点にまで、手が回らないという現状もあります。

手数料ゼロ円という言葉だけで「良い会社」と決めるのではなく、信託保全の体制、その他のサポート体制などにも注意をしましょう。

posted by eS at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。