スポンサードリンク

2011年05月22日

FXで「評価益、確定益」とは?

FXを続けていく上で「評価益(損)」「確定益(損)」の違いを知ることは非常に重要なことです。
評価益(損)を重大なことと捉えれば、早めに対処でき勝ち残っていくことができます。

さて、では「評価益」「確定益」とは何でしょう。
また、違いは何でしょう。


  • 評価益(損)
    ポジションを保有したときのレートと、現時点でのレートを比べた時に、どれだけの利益(もしくは損失)を出しているのか、ということを表します。


  • 確定益(損)
    ポジションを決済したときの利益(損失)を表します。



ようは確定益(損)でないものが評価益(損)ですね。
評価益(損)が出ている段階では、決済して確定益にしないと、それは利益とはなりません。
その分、危機感が薄くなってしまう可能性があります。

「評価損が出ているけれど、相場が回復すれば、評価損はなかったことにできる」と考え、ダラダラとポジションを持ち続けてしまうことがあります。。
FXで多くの場合、この方法で損失を拡大することが多いのです。
また、評価上、利益が出ている場合にも「まだまだ利益が大きく取れるかもしれない」と思い、利益を確定しないままで、結果的には利益を取りこぼしてしまう、ということもあります。

これらのことから「評価益(損)に早めに対処できる人」が結果的には生き残っていく、と言えるでしょう。

口座情報をよく見ると「評価益(損)がどのくらい出ているか」がわかりますので、少なくとも1日に1度くらいはチェックするようにしましょう。

posted by eS at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。