スポンサードリンク

2011年03月20日

FX口座の開設

忙しくしていたため、前回のブログの更新から期間が開いてしまいましたが、前回はFX会社に資料請求することについて書きました。

今回はFX口座の開設について書きたいと思います。

FX会社に資料請求して取引をするFX会社が決まったら、FX口座の開設をすることになります。
口座の開設は、郵送、またはインターネットから行います。

FX口座の開設申込書は、難しいことを聞かれるようなことはありません。
単に、住所や氏名などを聞かれます。

ただ、記入する内容は、人によっては多少多く感じるかもしれません。
項目ごとに「聞かれたことに答える」ということを着実に繰り返していきましょう。
そして全ての記入が終わったなら最後に全体を見直して、書き間違いや、記入内容の矛盾がないかということのチェックを行いましょう。

特に、インターネット申込をする場合には、メールアドレスを正しく記入することが大事です。
なぜなら、後でこのメールアドレスによってやり取りを行い、申し込み手続きを進める場合もあるからです。

FX口座を開くためのパスワード、本人確認の書類は何を送るか、また出金するときの振込口座なども、間違いなく入力しましょう。
ここまでは「書き方のコツ」などはありません。
しかし、強いてコツを言うなら、そのコツは「正直に書くこと」「ミス無く記入すること」です。

ただし、「外国為替保証金の取引がない」と答えると申込が通りにくいFX会社もありますので、できれば1 年以上と入力しましょう。
FX会社は利用者の審査をしますが「多額の負債などを抱えていることが判明した」などの場合でなければ、審査が通らないということは、滅多にありません。

posted by eS at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

FX会社に資料請求

FX取引を行うためには、通常、以下の手順を踏みます。


  1. FX会社に自分のFX口座を開く

  2. 証拠金を預け入れる



なお、FX会社のほとんどが、インターネット上での申込ができます。
まずは資料請求をすることにしましょう。
「郵送で」FX会社のパンフレットや、取引を開始するにあたっての注意事項などを送ってもらうのです。

実際に紙面でパンフレットをもらうことは重要です。
インターネット上の情報は「読みたいことしか読まない」という傾向があるからです。
また、パソコンのディスプレイを見続けると、目も疲れますので、資料の読み飛ばしや、わかりづらい点が生じることもあります。

郵送で届いた資料は、落ちついて読むことができ、利用者にとってマイナスとなる情報も読み取ることができます。
また、FX会社が資料請求に応じてくれるスピードを比べることも、利用者に対して丁寧、迅速であるかどうかの判断材料になります。

とりあえず、まずは複数のFX会社の資料を請求してみましょう。

まれにですが、資料請求後に「届きましたか?」と確認の電話がくることがあります。
これは、業者名を印象付けるための戦略でもあります。

ちなみに、FX会社の側からの電話による勧誘は法律で禁じられています。
資料請求をした後に、万が一しつこく電話勧誘を受けた場合には、そのFX会社は信用できないといえます。
きっちり断り、申し込まないようにしましょう。
posted by eS at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

FX口座に入金・出金する方法

突然ですが、FXを始めるに当たって絶対に必要なことは何でしょう?

口座を開いてから、、、

そう、開いたFX会社の口座に証拠金を預け入れることです。
今回は、FX口座に入金・出金する方法について書いていきたいと思います。


FX口座への入金は、FX会社が指定する銀行口座に振り込むことで完了します。
FX口座に入金を行う際は、銀行やATM、ネットバンキングから振り込むことが可能で、FX会社の銀行口座に振り込むことになります。

この振り込みの際、FX会社によっては、振込時の振込人名にIDを併せて記入することが指定されている場合があります。
また、振込みを行った後に、FX会社へ電話連絡をすることが必要なケースもあります。
私もIDを記入しなかったというミスをしたことがあるのですが、振り込みの際には気をつけましょう。
なお、ミスをしても、メールや電話でそのミスを連絡すれば大丈夫です^^

FX口座への入金は、振込みの翌日には反映されることが多くなっています。

ところで、FXを始める際の資金の入金は、用意した投資用資金の全てを最初からFX口座に入金するのではなく、慣れないの内は、取引を行う最低金額にしましょう。
FXに慣れてくれば、投資用資金として追加で入金することもできます。
FX口座からの出金は、FX口座を開設するときに指定した、自分の銀行口座に振り込んでもらうことになります。

最近では、取引画面から出金手続きが行えるようになりましたので、非常に便利です。
FX口座からの出金は、たいていは翌日には出金してもらえますが、FX会社によって手続きの日数が異なる場合があります。
自分が資金が必要なタイミングを、事前に確認しておきましょう。

posted by eS at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。