スポンサードリンク

2012年06月03日

なぜFXで複数の通貨ペアに投資するのがいいか アセットアロケーション

FXは利益が出れば、大きな金額を得ることができます。
しかし、反対に、損失が出た場合には大きいものになる可能性があります。


これは、以前解説させていただいたレバレッジと呼ばれる仕組みの性質です。


また、投資資金の全てを同じ通貨ペアに注ぎ込むことはお勧めできません。
市場が予想に反して動いたことから損失が出るとき、一気に資金を失う可能性があるからです。


投資の世界には、アセットアロケーションという言葉があります。
アセットアロケーションとは「すべての卵をひとつの籠に盛るな」という考え方です。

お金持ちがリスク回避のため、行っている資金運用法でもあります。
投資先を分散して持ち、資金を配分することで全体の収益が減るリスクを減らすことができます。


・お金を持っている人の共通点から考えられること | ネットお小遣い研究所


この考え方は、FXについても当てはまります。


初めのうちは、ドルと円の組み合わせを取引することから始めればよいと思います。
しかし、慣れてきたら徐々に他の通貨の取引もしていきましょう。

「円とユーロ」もなじみが深い通貨です。
また、オーストラリアドル、ニュージーランドドルなども人気が高まっています。


1つの通貨ペア(1ペア)だけで取引を行っていると、その国の経済情勢・政治不安などのリスクを全て背負い込むことになります。

最近では、サブプライムローン問題、リーマン・ショックで米ドルが安くなった事件があり、多くの投資家が打撃を受けたものでした。
そのため、円と外貨だけではなく、外貨と外貨の通貨ペアを併せ持つ、というような手段でリスクをヘッジ(回避)することが必要です。

FX取引に慣れてからでいいので、外貨と外貨のペアを取引することを憶えましょう。
通貨の取り扱い数や組み合わせは、FX 会社によって異なっていますので、取引したい通貨ペアを扱っているFX会社を選ぶこと、新しく利用申込をすることも考えていきましょう。
posted by eS at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | FX哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

FXに先人の知恵を活かす

FXだけではなく、投資の世界、またはビジネスの世界でも「先人の知恵」を活かしていく姿勢は大切です。
今回はこのことについてお話をしていきたいと思います。

例えば、投資の世界では「休みも相場」という言葉をよく聞くことがあります。

これは、損失が続いたり、為替レートの動きが予測できなかったりする場合に、「休みを取るということも投資への取組として大事なことである」という意味です。
決して逃げることではありません。
むしろ、次の勝負のために力を蓄えておくことです。

無理に取引しないで、休養を取り、次の投資機会を待つということはとても大事なのです。
判断力が鈍ったまま投資を続ければ損失を出すことがありますが、取引しなければ、損失も利益もなく、資金を減らす心配はないのですから。

また「損小利大」という言葉もあります。
FXをはじめとする投資活動で、この言葉はとても大切です。

行動心理学でも証明されているのですが、投資家は「利益が出ている」ときほど、早く決済して利益を確定しようとする心理状態になります。
逆に「損失を出している」と、お金を失いたくないために、なかなか損切りが出来ないで、ますます損失を拡大することになります。

損小利大をするには、以下のことが必要となります。


  • 自分なりの「FX取引のルールを決める」こと

  • 決めたルールに淡々と従ってトレードしていくこと



ここまで徹底的に割りきれば、損小利大が実現できるのです。

FX自体は、新しい金融商品ですが、投資家として成功していくためには、先人の知恵をFXに活かすことが、とても大事なのです。

posted by eS at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | FX哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

FXで「ナンピン」は有効か?

「難平」と書いてナンピンと呼びます。
FXに限らず、株式投資でも用いられる言葉です。

ナンピンとは、持っているポジションと相場が逆方向に動いてしまった場合に、同じポジションを安値で仕入れるという手法です。
つまり、安値で仕入れるので、ポジションの平均購入価格を下げることができます。


さて、ナンピンをした場合、最初にポジションを買った価格まで戻らなくても、利益がでることになります。
しかしながら、相場のレートが更に逆方向に動いた場合には、損失も拡大してしまいます。
下手な難平(ナンピン)はすかんぴん」という言葉もあるくらいで、このナンピンを行って損失を拡大す人が多いのが現実です。

そもそも「難平を考えなければならない」というのは、はじめのポジションを持つ時点で、スタートの判断を間違っている、ということなのです。
スタートを間違っておきながら、ナンピンによって生き延びようとしても、やがては混乱を深めていき、FX自体が嫌になっていき、損失も拡大し、、、と負の連鎖が起こるのは目に見えています。

FXはやり直しがきくのですから、間違ったスタートから始めた取引は、いったん決済して終わりにしましょう。
そして、自分の投資ルールを見直し、新たな気持ちでFXに取り組むほうが有意義だといえるでしょう。


もう一度書きますが「下手な難平(ナンピン)はすかんぴん」という言葉を、心に留めておいてください。

posted by eS at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | FX哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。