スポンサードリンク

2010年12月27日

FXの注文と決済

FXの注文と決済について今日は書いていきます。

基本的に、FXでも株式取引でも勝つためには「安く買って、高く売る」ことが必要になってきます。
これは投資に限らず商売の基本ですよね?

また、FXは少し特殊で「高く売った通貨を安く買い戻す」という勝ち方もあります。
しかし、FXのトレードに慣れるまでは、無理に「売りから入る」方法に挑戦する必要はありません。

なお、FXは定期預金や社債のように「満期日」が決まっていませんので、自分で決済をするタイミングを決めることになります。
つまり、数秒〜数分しかポジションを持たない取引も可能です。
逆に、いつまで持っていも良いので、スワップ目的で長期間、保有し続けて利益を出していくことも可能です
2008年のサブプライムローン問題で円高が進むまでは、スワップで稼ぐトレーダーも多くいました。


このようにFXでは無期限にポジションを持つことができるのですが、注文・決済のタイミングを、うまく計ることができれば、FXで稼ぐことが出来ます。

理想的なのは、相場の底で買って、相場の天井で売るということです。

しかし、そこまで完璧に予想してトレードがうまく行くことは、ほとんどないといって良いでしょう。
投資の格言にも「魚の頭と尾はくれてやれ」とありますが、最底値と最高値を狙っていたらトレードのタイミングを逃してしまいます。
ここは利益の最大化を狙うよりは、損失を出さずに、確実に利益を得ることを考えましょう。

では、どのようなにトレードを行うか、という話になりますが、一般的には相場が上り基調の際に買って、天井かと思えるときに売る、という方法がよく行われます。
そのためには「これから相場がどう動くのか?」を予測する必要があります。

つまり、成功する投資家とは「予測すること」「予測が外れた場合の対処を講じること」が抜群にうまい人、と言えるでしょう。
なお、このように相場の値動きを予想するために、テクニカル分析ファンダメンタル分析などの方法が使われています。

posted by eS at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | FX哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

FXは「ルールの決定」が大事

突然ですが、FXで勝つためには何が大切なことでしょうか。

実は、FXで勝つためには「自分なりの投資ルールを作って、その通りにトレードを行う」ということが大切なことになっています。
利益を出している多くのトレーダーは、自分なりの投資ルールを作ってトレードをしていることが多いです。

さて、このルールの決め方には、FXにかける時間、投資の回数、または頻度など、その他にも様々な要素を考えて決める必要があり、それは人によってそれぞれが異なるルールとなっています。
そして、一概に「これが最も良いルールです」とは言えません。


しかし、一つだけ一概に言うことができることがあります。


ルールを決める際には「損小利大」という言葉を意識する必要がある、ということです。


たとえば「損失を1とした場合には、利益は3とる」ようなルールを決めることが、損小利大の実現につながります。

また「損失は自分の資金の10パーセント以内におさめる」というような損失に関する明確なルールを作ることも大切です。
例えば、証拠金が100万円だった場合、一度の取引での損失は10万円まで、と決めておくのです。

このルールを設けることで明確な損益基準ができるので、損切りに悩まないで機械的に損切りができるようになります。
FXでは損切りができないために損失がどんどん拡大してしまうことがあるのですが、このルールを設ければ、そうやって損失がどんどん拡大することを防ぐことができます。


そして何より、投資ルールを決めたら、そのルールに従ってトレードを続けていくことが大事です。
もちろん、ルールはさらに合理的に効率よくなるように改変していっても良いです。
しかし、そこにはルールを改変した根拠が必ず必要です。


FXはビジネスということができます。
ビジネスはルールに則って行われます。
そしてビジネスであれば、「感情」を出すことはご法度です。
さらに、ビジネスの場では「感情」を出さないことがマナーの一つでもあります。

ビジネスでは、ルールを守らず、感情にまかせてフラフラしている人とは誰も取引をしてくれないと思います。

FX取引も同じです。
「感情」に左右されないで、淡々と投資活動を続けることが、とても大切です。
これが利益を出すトレーダーの第一歩です。

posted by eS at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | FX哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。