スポンサードリンク

2011年01月17日

FXと「季節」の関係

FXでは1年を通して24時間トレードができる、ということは前にも述べました。
しかし、そのトレードが全部が全部、同じ調子で行われているわけではありません。
1日の内でも、活発な取引が行われる時間取引の少ない時間は存在します。

また、為替マーケットは1年を通して様々なイベントの影響を受けています。
例えば、日本の決算期、ボーナス、お盆、クリスマスなどです。
これらの時期には、取引が積極的であったり、逆に取引が消極的だったりします。

もちろん、日本だけではなく、各国には「休日」があり、その日は市場が休みですので、その国の人々は、FX取引に消極的です。

なお、休暇・祝日と一口に言いましても、世界各国で受け取るそれらの意味合いは異なります。
例えば、日本の盆休みは、欧米でも夏季休暇を取る人が多く、市場は「夏枯れ市場」と言われます。
しかし、感謝祭(11 月後半)やクリスマス(12月)は、アメリカにとっては、重要な休日になりますが、そうでない国もあります。

こうした「季節的なリスク」について知っておけば、これを利用した賢いトレードを行うことができます。

また、時差などの関係で、日本人にとっては週末であるけれど、世界的に見れば市場は動いているということもあります。
このような場合には「寝ている間に相場が暴落した」「日本の金融機関が休みなので、証拠金を追加することもできず、なす術もなかった」という日本のトレーダーもいますので意識をしておくことが大事です。

posted by eS at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | FX事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。