スポンサードリンク

2011年01月23日

FXの「成行注文」とは

FX、熱い状態ではないでしょうか。
先週のドル円は、見ていて何だか壮絶なドラマを見ているようでした。
82円を割って下値を試したかと思えば83円を超えて上値を試す展開も、二日間程度の中にありました。
方向性が見えないですね、、、

しかし、前回の記事に書いた通り、大衆心理が働いている限りは、一度80円を割ると思います。
逆に、80円を割らない限り、100円に戻すような展開はないのではないでしょうか。


さて、FXの仕組みについての記事に入りたいと思います。
注文方法についてここ数日書いているのですが、今回は「成行注文」についてです。

FX取引の成行注文は、別名、マーケットオーダーといいます。
成行注文は、現在表示されているレートで売買を行う注文方法です。

FXの投資画面に向き合っていると「すぐに注文を出したい!!」という場合が起こります。
そのときには成行注文を使います。

ちなみに、表示されているレートは『〇円〇銭〜〇円〇銭』という形になっています。
これは、売値(Bid)と買値(Ask)の二つのレートが表示されているのです。
この表示を見ていると、数秒で刻々とレートが変わっていっている様を実感できるようになります。

そんな成行注文ですが、デメリットがここにあります。
自分が買おうと思っていた買値で注文しようとしても、注文を決定するまでの数秒に、レートが変わるおそれがあるのです。

とはいいましても、レートが変わるといっても数銭程度ですので、数銭〜数十銭単位の利益を狙っていくスキャルピングのようなトレード法を選んでいない人は、さほど神経質になる必要がありません
成行注文は、レートが変動に対応しきれないこともある、というデメリットがありますが、急いで注文をしたい、すぐに注文を出してしまいたい、という場合に便利なのは事実です。
しかし逆に、そこまで急いでいない、という場合には指値注文を使った方が良いでしょう。

posted by eS at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 注文方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

FXで「逆指値注文」はとても大事

FX、昨日からドル円、82円を割りそうですね。

…恐らく、近い内に割るような気がしています。
マーケットとは人の真理が作っているものであるから、82円を割るという恐怖感を多くの人が抱いていれば、それは実現してしまいます。
逆に、割るまでは上にいかないと思います。


さて、今回の記事を始めたいと思います。
昨日の記事でも少し書きましたが、FXで最も大事な注文方法は「逆指値注文」です。
なぜならば、逆指値注文はリスク回避に活用できるからです。

例えば、1ドル=80 円で買いポジションを持っているとします。
1ドル=90 円になったら利益確定しようとしています。
この場合は指値注文を使って90 円になったときに「売り」注文が通るようにしておきます。

しかし、相場の値動きというのは自分の読み通りに必ずしも動くとは限りません。
読みが外れて、70円、65円・・・と、下がっていってしまう可能性もあるのです。

このような場合に、リスクヘッジ(リスク回避)手段として逆指値注文を使います。
逆指値注文によって、自分が耐えられる損失額のレートで、いったん損切りをするのです。

人間が手動で損切りをすることも可能ですが、その場合、「もう少し待てば、相場が回復するかもしれない」と期待を抱いてしまうことがあります。
この場合、なかなか損切りができなく、多くの場合、ズルズルと損失が大きくなっていきます。

しかし、逆指値注文を入れておけば、心理に左右されることなく、機械的に損失を確定することができます。
これは実は重要なことです。
逆に言えば、あらかじめ、どれほどの損失になるか、ということが事前に計算でき、それはつまり次の投資計画を立てる際の土台となります。

また、逆指値注文をあらかじめ出しておくことで「相場が暴落しても、自分が耐えられるレートの範囲内で、損切りがほとんど強制的にできる」という安心が得られます。
サラリーマンや主婦としての本業に取り組んでいたり、寝ていたりして、FXの投資画面と向き合っていられない場合にも、逆指値注文を活用すれば安心です。

posted by eS at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 注文方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

FXの注文方法をうまく使う

FX会社に口座を開いて、いざトレードという際に、成行、指値、逆指値という基本的な注文方法のほかに、様々な注文方法があることに驚くかもしれません。
しかし、基本的には「成行、指値、逆指値」を覚えて使えるようになれば、後の注文方法は徐々に使えるようになれば良いように思います。

昼間は本業に取り組んでいるためFXに割くことのできる時間が限られていている、という人であれば特に、リスクを回避するために逆指値注文を活用していくことが必要です。
また、IFD注文やOCO注文を使っても、リスク回避はできますが、これらの注文方法が理解できないうちは、無理に使う必要はありません。


しかしながら、FXに専業トレーダーとして取り組んでいきたいのであれば、様々な注文方法を知っていることは重要なこととなってきます。
専業のトレーダーには、実際に取引に活用するかどうかということは別として、「自ら積極的に勉強する」という姿勢が必要であるからです。

FX専業トレーダーとして取り組んでいるのであれば、様々な注文方法を知り、どのような場面で活用していけば良いのか、ということを自ら考えていかなければなりません。
少しでも多くの利益を出すようにトレードを積極的に行いたい場合、理解できていないことがあれば、チャンスを逃してしまうことになりかねないのですから。

もちろん、知っているから使わなければならない、ということはありません。

たとえば「トレール注文」などの方法が開発されていますが、これは難易度が高すぎ、ベテラン投資家でも使わない・使いあぐねているということが多いのが現状です。
このように「知っていても使わない」という決断もできるのです。
知っていることは決して損にはなりません。

posted by eS at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 注文方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。